I love カーテン

カーテン

カーテンと言えば、窓を彩る物です。しかし、近年では、カーテン自体もインテリアを意識したものになってきます。

カーテンの使用目的

もともとカーテンの歴史は、現在の所ハッキリしていないのですが、原始時代に防寒用として吊るしていた動物の皮などが原型ではないでしょうか?それが、家を作るようになり、次第に布団などが作られるようになる内に、カーテンによる防寒が必要なくなり、あまり使われなくなっていったようですが、今ではカフェカーテンを例に挙げるまでも無く、窓を彩るインテリアの一部として使用されるようになっています。

歴史漫画では、偉い人が吊るされた何かで、顔を見せないようにしている物を見たことがある人もいるかと思います。歴史漫画家は事実を重視しますので、日本では、古くから同じようなのはあったと考えられます。しかし、そのときの目的は、「偉い人」と「顔を見せない事」の2つから、権力の象徴とプライバシーとして使われていたようです。今でも、プライバシーという観点では使われることになりましたが、今では権力の象徴としては使われないようになっています。

つまり、今のカーテンは、あなたが知っているように、「遮光」の他にも、「インテリア」や「プライバシー」としても使われているのです。

カーテン選択

あなたが、引越しや新築、または買い替えなどで買える際には、何を重視しているでしょうか。オーダーカーテン・ブラインドを探す場合、普通は「色」や「形(デザイン)」などを最初に検討すると思いますが、最初は自分の部屋のイメージを考えた方がいいと思います。例えば、寝室なら休息の場でしょうから、「落ち着いた色」をリビングなら、一家団欒の場でしょうから「暖かみのある色」などです。その後で、インテリアにはこだわらないでシンプルにするか、インテリアを重視して豪華にするか考えればいいでしょう。

形、つまりインテリアに関しては、どういった窓にしたいか、具体的に考える必要があります。「とにかくキレイな」では、コーディネーターでもなんとも言えません。これらは、インターネットや雑誌などで気に入ったデザインを見せて、「こういったイメージで」と言った方が、インテリアコーディネータでなくとも、多少のアドバイスや工夫、商品の選択はできるでしょう。また、気に入ったデザインよりも、「色を明るくしたい」、「もう少し長く」などの要望でも容易にイメージできるようになります。

絵が上手い人なら、自分が欲しいと思っているカーテンのイメージを絵にしてみるのもいいかもしれません。

ある程度のイメージはあっても、具体的な所までイメージを持っていけないという場合には、インテリアコーディネーターに頼るのもいいでしょう。コーディネーターの作業は、基本的に、カーテンを選ぶことではなく、インテリアをコーディネートすることにあるのですから、カーテンを選ぶだけと言う場合は不向きかも知れません。しかし、インテリアに関してはプロ級ですから、分かりやすいアドバイスをくれると思います。

基本的にインテリアを重視する場合は、部屋の全体像をイメージし、その部屋の機能にあった雰囲気にすることが重要ですから、部屋の色の使い方や家具などの色に関しても、少し考えなければなりません。どうしても、必要な色と言うのはありませんし、色の好みは人や文化などによって変わってきます。日本の子どもは太陽色を塗るとき、その暖かさから火を連想するので、赤や橙を塗ることが多いのですが、アメリカでは、普通黄色だそうです。実際の太陽は、X線写真では橙色見近いです。

つまり、赤らや橙からは、太陽を連想する場合もあれば、アメリカの子どもには太陽はイメージできません。特に赤は警告の意味もありますから、危険と判断するケースもありえると言えるです。これらに気をつけてカーテンの色は選択しましょう。 オーダーカーテンを検討するのもいいでしょう。

Valuable information

名刺 おしゃれ
http://www.macydesign.com/
詰め替えインクの販売
http://zecoocolor.jp/
そば粉 通販
http://soba-horokanai.jp/
人気の韓国子供服
http://www.pinkcoco.jp/

Last update:2015/7/9